Heart Wallpaper Project
(こころの壁紙計画)

2017.2.19 株式会社イマジン

 

簡潔に述べますと、「障害者アートによる壁紙プリント普及事業」です。 絵画やイラストなどの平面作品を、壁紙というメディアに複製加工し、販売・普及していく事業です。

弊社は京都に本社を置き、サイン・広告業に携わっています。 主力業務はインクジェットプリントによる商品製作・施工になります。 この度、環境に優しい水性のラテックスインク出力機を導入しました。その利点を活かした商品の一つが 屋内空間を装飾する壁紙です。

壁紙による、壁面・天井装飾は、空間のイメージを大きく変えることができます。 額縁やパネルに収まらない大画面デジタルプリントならではの「感動」を提供します。

そこで、弊社オリジナル壁紙の提案を検討してきましたが、思いがけず障害者による展覧会をみる 機会があり、その力強く、またやさしい作品に出会い、感動し、この表現こそ私たちが求め・広く紹介し・ 多様なシーンを装飾するのに適した表現だと感じました。

障害者アートの特徴はその独創性にあり、美術史観・教育・既成概念に囚われることのない彼らの作品 には、ファインアートやデザインワークにはない純粋さが感じられます。

(BAR「はでな」内、トイレ壁面5面 サンプル展示中)

当事業では、障害者アートのみを扱います。それは、彼らの作品に出会い、関係したからであり、 彼らの表現を社会に普及・認知させていきたいという思いからです。

私事ですが、近親者が精神障害者手帳を所持しており、外出もままならず、社会とはほど遠い生活を 送っています。しかし彼女は絵画や詩作などを手掛けることがあり、それは周りの人たちを優しい気持 ちにさせてくれるものです。この壁紙事業が、彼女を含め多くの表現者の社会的・経済的自立を少しで も支援できるのではないかと考えました。

(H29.2.19  京都府 第10回京都・文化ベンチャーコンペティション 奨励賞受賞)

事業の流れを簡単に説明します。

 

各障害者支援施設へ事業の説明を行います。理解をいただき、協議の上、ロイヤリティ契約をいたします。 これには京都府障害者支援課の協力をいただきます。

現在、当事業を具体化するにあたり、生活介護事業施設、京都ふしみ学園のご理解を得て協議をすすめ ています。

施設スタッフより壁紙加工を想定した障害者の平面作品を選抜してもらいます。 作品原画を高画質で撮影・デジタル化の上、リストを作成します。 ウェブサイトを作成し、これをメインに広報を行います。マスメディアの活用、ショールームの設置、 そして営業活動を行います。

レイアウトやトリミングなどのデザイン的な提案から制作・施工までを提供します。 販売額の歩合報酬として作者・支援施設へロイヤリティを支払います。 その後、新たなコンテンツの収集を重ね、多様な提案を可能にしていきたいと考えます。

次ページへ続く